転職を繰り返している保育士の私が、後悔のない転職方法をご紹介しています。

保育士さんの転職事情

保育士の転職方法

保育士が公立保育園に転職する方法

投稿日:

保育園には大きく分けて私立と公立の保育園があります。

公立の保育園は市区町村の自治体が行っています。そのため公立の場合は公務員になります。

私立保育園は、社会福祉法人が運営している場合が多いです。

一般的に公立の保育園の方が離職率が低く、私立は離職率が高い傾向があります。

なぜ、公立の方が皆働きたがるのでしょうか。

大きな違いは給与面ですね。公務員なので待遇も違います。

それでは公立保育園の特徴を細かく見ていきましょう。

公務員待遇、給与、休暇の取りやすさ

公立保育園は公務員なので産休、育休制度がちゃんとあり使いやすい風潮があります。

また、どこの保育園も人手不足で有給休暇が取りにくいのですが、公立の場合はきちんと消化させてもらえます。

また給与は勤務年数によって自動的に上がります。賞与ももちろんあります。

私立の場合は1年勤めてやっと月数千円上がった・・・なんてこともよくあります。

40歳になる頃には私立と公立では2倍近く給料が違うなんて話もあります。

保育士をどうしても続けたくて、でも給与が・・・という場合は公立の保育園に勤めることが一番だと思います。

何年かに1度異動がある、人間関係で悩みにくい

公立の保育園の場合保育士の異動が数年ごとにあります。

もちろん、異動と言っても市区町村内なので通えない範囲ではありません。

同僚と気が合わない・・・。園の方針が合わない・・・。

と思っても数年で自分が異動したり、同僚が異動したり、園長先生が異動したりするので少し我慢したら解決する場合があります。

そのため、公立の保育園の場合人間関係で悩む期間は少なくてすみます。

しかし、それは良い面ばかりではなく、卒園した子供が遊びに来てくれた際に既に自分は異動になっていたりするので、少し寂しさはあります。

公立保育園に勤めるには試験がある

良いことづくしの公立保育園・・・ただし勤めるためには試験があります。

地方公務員採用試験に合格する必要があります。

また年齢制限があるため気をつけてくださいね。

自治体により違いますが、基本的には欠員(退職者)が出た場合にのみ募集が行われます。

公立保育園は離職率が低いため毎年募集していない場合もあり、募集人数も少ないです。

そのため倍率が数十倍になる地域もあるようです。

試験内容は、一次で筆記試験、二次で面接、論文です。

私立の保育園の場合はどこも人材不足で面接のみで簡単に採用が決まってしまう場合も少なくありません。

そのため私立の方が転職はしやすいですね。

保育士転職の強い味方!保育士転職サイト

保育士さんの転職の強い味方、転職サイト(転職先紹介サイト)です。

下記はどのサイトも専門のコンシェルジュがついてくれて、一人で転職するというよりは二人三脚で保育士さんの転職を支えてくれます。

私もいつもこのコンシェルジュにサポートしてもらって転職しています!

みなさんがより良い保育園に転職できますよう、私も応援しております!

体験保育ができる!「保育ぷらす」

保育ぷらす

出典:保育ぷらす

Point1求人数が多いです。

最大求人数7,500件以上、関東だけでなく地方にも求人が多いです。

Point2「保育ぷらす」は保育体験ができる点が強みです。

求人内容や面接で話を聞いているだけだとイメージしづらい・・・。

求人内容と実際に働き始めたら、話が違う(⌒-⌒; )なんてことも多々ありましたので、

できる限り体験保育をしてから転職先を決めることをおすすめします。

実際に働いている保育士さんに話を聞いて、働きやすさも知ることができます。

「残業少ないって書いてあるけど、実際のところどうなんですか?」

って聞けます。

面接では聞きづらい現場の声を聞くことができます。

Point3コンサルタントが転職以外の相談も乗ってくれる

これ、結構意外ですよね。

コンサルタントが現在の職場の愚痴や不満も聞いてくれます。

愚痴や不満ってなかなか吐き出す場所がなかったりします。

保育士事情を知っているコンサルタントなので親身に聞いてくれますよ。

転職コンサルタントだからって無理やり転職を斡旋してきたりしないので安心してくださいね(笑)



退職理由が”人間関係”の人へ「保育エイド」

保育エイド

出典:保育エイド

Point1人間関係が良好な職場を紹介してくれます。

退職理由が人間関係って結構ありますよね。

離職率が異常に高い職場の多くに人間関係の悪さがありました・・・。

私も次から次へと辞めていく職場に当たったことがあります。

常に人手不足で一人一人の負担も増えて、悪循環でした。

「保育エイド」では人間関係が良好な職場を紹介してくれます。

もちろん人間関係が良好、職場の雰囲気が良いって感じ方は人それぞれですよね。

アットホームな職場が好きな人もいれば、ビジネスライクの方が気楽、何て方もいますよね。

その点の擦り合わせをコーディネーターさんがしてくれます。

また、体験保育もできますので、実際に転職後のギャップも少なくてすむんです!

Point2ミスマッチが少ない!

保育エイドは、企業側の担当と求職者の担当を分けず、 ひとりのコーディネーターが企業側・求職者側それぞれの担当することで、 求職者の希望と企業側の人材ニーズとのミスマッチを防いでくれます。

自分はここが良い!と思って転職したのに、求められているものが全然違った・・・となると

企業側はもちろんのこと、自分自信もすごくがっかりしてしまいますよね。

企業側、求職者側にも立って、マッチングしてくれるのでありがたいです。

また、自分のコーディネーターさんがちゃんと職場の雰囲気も教えてくれるので、又聞きよりリアルな声が聞けます。



全国に求人が多い「保育情報どっとこむ」

保育情報どっとこむ

出典:保育情報どっとこむ

Point1仕事説明会・無料セミナーが頻繁に行なわれている。

電話やネット上だけでなく、直接仕事のことを相談できるのはありがたいですよね。

「保育情報どっとこむ」では日本全国で仕事説明会が行っているので、就業相談しやすいです。

まだ転職する気はないけど、どんな感じなんだろう・・・

私の実務経験だともっと給料良いのかな?

もっと良い環境の保育園はあるのかな?

いますぐ転職する気がなくても、転職する際の心得なども教えてもらえるので、気軽に参加してみてください。

Point2求人案件豊富!好きな就業形態で働ける!!

正社員・契約社員はもちろんの事、子育ての合間で働きたいパート・アルバイト・派遣社員の求人もあります。

自分に合った雇用形態で働きたいですね♪

求人サイトって何件登録したらいいの?

保育士の求人サイトは最低3件登録した方が良いです。

なぜなら、そのサイト限定の非公開求人などもあるからです。

できる限りたくさん登録して様々なところから情報を得た方が良いですね。

同じ園に関しても一人のコーディネーターさんからよりも複数のコーディネーターさんから印象を聞いておいた方がよりリアルな現場のイメージに繋がりやすいです。

ただ、どうしても求人サイト特有のメールが頻繁に届いたり、電話が頻繁にかかってきたりっていうのがあるので、自分が対応仕切れる範囲の件数を登録しておくと良いですね。

多くても10件までが良いんじゃないかな〜と思います。

ただ、地方で転職となるとどうしても関東に比べて求人数が減っていまいます。

良い求人は奪い合いな部分もあります。

その場合はできるだけたくさんの求人サイトに登録した方が良いですね。

上記以外に全国の保育士求人サイトは、「ほいく畑」。こちらは関東、関西、東海、中国、九州に求人が多いようです。

他には「保育ひろば」もオススメです。こちらは正社員で転職が決まった場合は2万円、パートの場合は5,000円お祝い金がもらえます。良いお小遣いになりますね。

保育士求人サイトを利用して賢く転職してくださいね!

-保育士の転職方法
-

Copyright© 保育士さんの転職事情 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.