転職を繰り返している保育士の私が、後悔のない転職方法をご紹介しています。

保育士さんの転職事情

保育士の転職方法

保育士転職サイト関東在住の方向け!

投稿日:

やはり関東には求人が多いです。

そのため、関東に特化した求人サイトが多々あるため、こちらで紹介します。

厚生労働省認可の人材紹介会社「保育士コンシェル」

保育士コンシェル

求人の多い地域:一都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)

Point1保育士専門・一般転職サイト見つからない「来年度開園する非公開情報」が載っている!

「新規開園の園長募集」「優良な高待遇求人」等の求人も多数掲載されています。

正社員の保育士だけでなく、主任や園長など、保育士としてさらにステップアップしていくためにはオススメの求人サイトです。

Point2コーディネーターさんとは直接面談ではなく電話やメールでOK

たくさん求人サイトに登録していると、いちいち来社してコーディネーターさんと顔合わせして・・・ってすごく面倒ですよねf^_^;)

その点、電話やメールでコミュニケーションが取れるので時間短縮・効率的でありがたいです。

「保育士コンシェル」公式サイト

テンダーラビングケアサービス

テンダーラビングケアサービス

求人の多い地域:一都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)

Point1研修制度が充実している

すぐに保育園で働くのは不安。ブランクがあるから不安。

という方向けに研修制度があります。

また、現在就業中の方へ向けても保育の流行の講座などもあります。

Point2就業前、就業中も安心サポート

どこの転職サイトも就業前は手厚くサポートしてくれますが、就業開始したらそれっきり・・・

なところが多いですよねf^_^;)

しかしテンダーラビングケアサービスは就業中もサポートしてくださいます。

Point3東京、神奈川、千葉、埼玉に特化

地域密着型なので、古くから付き合いのある保育園も多いです。

求人数も抜群に多いです。

公式サイト

非公開、限定求人が満載「保育のお仕事」

保育のお仕事

求人の多い地域:東京・神奈川・埼玉・千葉

Point1地域ごとに専属コンサルタントが在籍

地域ごとに傾向って変わってきます。

地域密着型なのでサポートも細やかです。

Point2保育業界の最新ニュースや転職活動のコツが分かるお役立ちコラム

保育士として勤めているとその園のことはもちろん詳しくなるのですが、

保育業界全体のこと全て分かってるかって言ったらちょっと疑問・・・。

保育業界の傾向や最新のニュースもゲットできます。

安倍政権には頑張ってほしいなぁ。保育士がもっと働きやすい環境になってほしい!

Point3非公開、限定求人が満載

その求人サイトに登録するかしないかって、やっぱりそこにしかない情報があるかないか!?

じゃないですか?「保育のお仕事」は非公開、限定求人が満載です。

公式サイト

求人サイトって何件登録したらいいの?

保育士の求人サイトは最低3件登録した方が良いです。

なぜなら、そのサイト限定の非公開求人などもあるからです。

できる限りたくさん登録して様々なところから情報を得た方が良いですね。

同じ園に関しても一人のコーディネーターさんからよりも複数のコーディネーターさんから印象を聞いておいた方がよりリアルな現場のイメージに繋がりやすいです。

ただ、どうしても求人サイト特有のメールが頻繁に届いたり、電話が頻繁にかかってきたりっていうのがあるので、自分が対応仕切れる範囲の件数を登録しておくと良いですね。

多くても10件までが良いんじゃないかな〜と思います。

関東の場合は関東に強い求人サイトに登録した方が良いですね。

上記の求人サイト以外ですと、「保育メトロ」や「保育バランス」もオススメです。

保育士転職サイトを賢く利用してくださいね!

 

保育士転職の強い味方!保育士転職サイト

保育士さんの転職の強い味方、転職サイト(転職先紹介サイト)です。

下記はどのサイトも専門のコンシェルジュがついてくれて、一人で転職するというよりは二人三脚で保育士さんの転職を支えてくれます。

私もいつもこのコンシェルジュにサポートしてもらって転職しています!

みなさんがより良い保育園に転職できますよう、私も応援しております!

体験保育ができる!「保育ぷらす」

保育ぷらす

出典:保育ぷらす

Point1求人数が多いです。

最大求人数7,500件以上、関東だけでなく地方にも求人が多いです。

Point2「保育ぷらす」は保育体験ができる点が強みです。

求人内容や面接で話を聞いているだけだとイメージしづらい・・・。

求人内容と実際に働き始めたら、話が違う(⌒-⌒; )なんてことも多々ありましたので、

できる限り体験保育をしてから転職先を決めることをおすすめします。

実際に働いている保育士さんに話を聞いて、働きやすさも知ることができます。

「残業少ないって書いてあるけど、実際のところどうなんですか?」

って聞けます。

面接では聞きづらい現場の声を聞くことができます。

Point3コンサルタントが転職以外の相談も乗ってくれる

これ、結構意外ですよね。

コンサルタントが現在の職場の愚痴や不満も聞いてくれます。

愚痴や不満ってなかなか吐き出す場所がなかったりします。

保育士事情を知っているコンサルタントなので親身に聞いてくれますよ。

転職コンサルタントだからって無理やり転職を斡旋してきたりしないので安心してくださいね(笑)



退職理由が”人間関係”の人へ「保育エイド」

保育エイド

出典:保育エイド

Point1人間関係が良好な職場を紹介してくれます。

退職理由が人間関係って結構ありますよね。

離職率が異常に高い職場の多くに人間関係の悪さがありました・・・。

私も次から次へと辞めていく職場に当たったことがあります。

常に人手不足で一人一人の負担も増えて、悪循環でした。

「保育エイド」では人間関係が良好な職場を紹介してくれます。

もちろん人間関係が良好、職場の雰囲気が良いって感じ方は人それぞれですよね。

アットホームな職場が好きな人もいれば、ビジネスライクの方が気楽、何て方もいますよね。

その点の擦り合わせをコーディネーターさんがしてくれます。

また、体験保育もできますので、実際に転職後のギャップも少なくてすむんです!

Point2ミスマッチが少ない!

保育エイドは、企業側の担当と求職者の担当を分けず、 ひとりのコーディネーターが企業側・求職者側それぞれの担当することで、 求職者の希望と企業側の人材ニーズとのミスマッチを防いでくれます。

自分はここが良い!と思って転職したのに、求められているものが全然違った・・・となると

企業側はもちろんのこと、自分自信もすごくがっかりしてしまいますよね。

企業側、求職者側にも立って、マッチングしてくれるのでありがたいです。

また、自分のコーディネーターさんがちゃんと職場の雰囲気も教えてくれるので、又聞きよりリアルな声が聞けます。



全国に求人が多い「保育情報どっとこむ」

保育情報どっとこむ

出典:保育情報どっとこむ

Point1仕事説明会・無料セミナーが頻繁に行なわれている。

電話やネット上だけでなく、直接仕事のことを相談できるのはありがたいですよね。

「保育情報どっとこむ」では日本全国で仕事説明会が行っているので、就業相談しやすいです。

まだ転職する気はないけど、どんな感じなんだろう・・・

私の実務経験だともっと給料良いのかな?

もっと良い環境の保育園はあるのかな?

いますぐ転職する気がなくても、転職する際の心得なども教えてもらえるので、気軽に参加してみてください。

Point2求人案件豊富!好きな就業形態で働ける!!

正社員・契約社員はもちろんの事、子育ての合間で働きたいパート・アルバイト・派遣社員の求人もあります。

自分に合った雇用形態で働きたいですね♪

求人サイトって何件登録したらいいの?

保育士の求人サイトは最低3件登録した方が良いです。

なぜなら、そのサイト限定の非公開求人などもあるからです。

できる限りたくさん登録して様々なところから情報を得た方が良いですね。

同じ園に関しても一人のコーディネーターさんからよりも複数のコーディネーターさんから印象を聞いておいた方がよりリアルな現場のイメージに繋がりやすいです。

ただ、どうしても求人サイト特有のメールが頻繁に届いたり、電話が頻繁にかかってきたりっていうのがあるので、自分が対応仕切れる範囲の件数を登録しておくと良いですね。

多くても10件までが良いんじゃないかな〜と思います。

ただ、地方で転職となるとどうしても関東に比べて求人数が減っていまいます。

良い求人は奪い合いな部分もあります。

その場合はできるだけたくさんの求人サイトに登録した方が良いですね。

上記以外に全国の保育士求人サイトは、「ほいく畑」。こちらは関東、関西、東海、中国、九州に求人が多いようです。

他には「保育ひろば」もオススメです。こちらは正社員で転職が決まった場合は2万円、パートの場合は5,000円お祝い金がもらえます。良いお小遣いになりますね。

保育士求人サイトを利用して賢く転職してくださいね!

-保育士の転職方法
-

Copyright© 保育士さんの転職事情 , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.